MatchWatchの仕組み

借りたいユーザーと貸したいオーナー
MatchWatchは
その両者を繋ぐプラットフォーム

出品するには

  • 個人(個人事業主含む)・法人(以下、オーナー)が出品可能です。まず、お問い合わせください。MatchWatch入会申込書をご提出いただきます。
  • 出品する腕時計は、当社から一口500万円を目途(5~10本程度) としてご購入いただきます。商品の候補は当社からご提案します。
  • 原則として、商品管理委託先でオーバーホールを行っていただきます。
  • オーバーホール完了後、MatchWatch出品申込書をご提出いただき、出品手続き完了です。
  • 出品期間は5年間で、期間満了後に商品を返却します。早期の返却も可能です。

貸出すには

  • ユーザーから申込が入ると、承諾依頼の通知がオーナーに届きます。48時間以内に承諾可否をご回答ください。
  • 承諾されると、オーナーとユーザー間の賃貸借契約が成立となります。
  • レンタル期間は4,8,12週間の三択です。
  • レンタル料(4週料金)は、当社の提示料金を参考に、オーナーが決定します。
  • レンタル料(4週料金)の最低金額は1万円です。上限はありません。

厳しいユーザー本人確認

  • 健全なプラットフォームの維持のため、ユーザーには厳しい本人確認を行います。
  • クレジットカードのセルフィ―写真の提出を求め、さらに上級クレジットカード(ゴールドカード等、年会費の発生するもの)保有者のみをユーザーとして受け入れます。
  • Liquid社のオンライン本人確認サービスeKYCで、金融機関が取引口座開設時に行う本人確認と同水準の確認を行います。
  • 商品は、日本郵便の本人限定受取サービスを利用し、商品引き渡し時にも改めて本人確認書類の提示を求めます。

商品の管理

  • レンタル待機中は、商品管理委託先で厳重に保管されます。商品の配達は日本郵便に委託します。
  • 商品返却後毎回、商品管理委託先にて検品とクリーニングを行い、その履歴を残します。
  • 出品期間中に、正常な使用状態にもかかわらず、故障・動作不良が発生し修理が必要と思われる場合は、オーナーの了解を得て当社が修理を行います。(レンタル中の商品への損害により発生する修理は借り手の責任となります。)

オーナーの売上

  • ユーザーが支払ったレンタル料から、検品料、事務手数料、サービス利用料を控除し、残額がオーナの売上になります。
  • 検品料(3000円税別)は、検品・クリーニング費用として商品管理委託先へ支払われます。
  • 事務手数料(一律2000円税別)は、往復送料、梱包資材等の費用相当額です。
  • 当社が受け取るサービス手数料は、レンタル料から検品料、事務手数料を控除した残額の30%です。

出品の終了

  • 5年間の出品期間が終了したら、商品を返却します。ご希望であれば、早期の返却も可能です。
  • 返却後の再出品はできません。
  • 買取り希望のオーナーには、当社が即金での買取額を提示いたします。
  • もしくは、オークションや当社が管理するオンライン販売への出品をご希望の場合は、出品代行を承ります。

商品への損害

  • ユーザーが商品に損害を与えた場合、ユーザーはオーナーに対して賠償責任義務を負います。
  • 通常使用による傷・摩耗は補償金の対象とはなりません。
  • ユーザーが紛失、盗難の被害にあった場合にも賠償の対象となります。
  • 賠償金額は当社が査定し、双方に通知します。以降は、ユーザーとオーナー間で誠意をもってご対応ください。
  • 状況次第では当社がトラブルの解決方法をご提案することがあります。

補償金への備え

  • ユーザーには、レンタル品に対する賠償責任をカバーする受託物賠償責任保険(保険金上限30万円)に加入頂きます。
  • 更に高額の賠償金に備えるため、オーナーには動産保険にご加入頂きます。5年間の長期契約で、一括支払いです。
  • 詳細は、当社指定の保険代理店からご案内差し上げます。

保険請求の手続き

  • 当社が損害の発生を知った時点で、当社または保険代理店から保険会社へ報告を入れます。
  • その後保険会社が保険金額を決定します。
  • 保険会社との連絡は、基本的に当社または保険代理店で行いますが、保険会社からオーナーに連絡が入る事があります。その際はご対応をお願いします。

MatchWatchは株式会社ゴールドリッジが運営しています。本ウェブサイトでの「当社」は株式会社ゴールドリッジを指します。